細井平洲先生の教え

 
 
 
 
「学思行相まって良となす」
 
学んだことを、よく考え、そして実行して、
はじめて学んだという。
 
学問をするということは、
知識を得るためだけのものではなく、
学んだことを生活に生かして、
よりよくしていくことなのですよと、説かれた。
 
上杉鷹山公も、
平洲先生はつねにこのことを
教えられたといっています。
 
また、
「学問と今日とは二途にならざるように
(学問したことと現実とが別々にならないように)」
とも教えられたと。
 

                      東海市立平洲記念館