英語でふるさとガイド8回目

日本福祉大学半田キャンパスで行っている社会人向け学習講座「英語でふるさとガイド」も8回目を迎えました。

今週からは題材が「日本酒」となります。
半田市内にある、酒の文化館を案内するストーリーをベースに日本酒の文化に触れるシリーズです。

1回目の今日は、講義前半を一般知識編として日本酒の文化について講義をしました。日本人の私たちでも、いざ日本酒について説明を…となったらなかなか難しいです。種類、お酒用の米、醸造の仕方などなどの知識をはじめ、愛知県知多地方で醸造業が栄えた歴史的な背景などにも触れての内容をぎゅ~っと詰め込んだ濃い講義となりました。

後半はガイド編を少々。酒講座3回目では実際に酒の文化館でガイド練習となるため、現地の様子をスライドで写真を確認しながら、どんな風なガイドができるのか?アドバイスをしました。

2回目となる次週では、新しいアクティブティを導入します。
「自己紹介とガイド場所の紹介を1分でやってみよう♪」というもの。新しい試みなので、参考までにデモをして、生徒さんにどんな感じで準備をしてきていただきたいか説明をしました。反応は…ワクワク半分&プレッシャー半分の印象でした。
どんな感じになるのかは、講師側も初めてのことなのでドキドキです。