「英語でふるさとガイド2017」4回目

英語でふるさとガイド4回目の講義をしてきました。
今日は生徒さんにはドキドキのガイド発表体験です。

生徒の皆さんには、英文5個づつ割り振りをして事前に練習をしてきていただきました。
テキスト英文をそのまま発話してもいいし、自分なりの英文に置き換えてもいいし、ご自分なりのアイデアでさらに英文を盛り込んでいただいてもいいし!と、とにかく外国人観光客をガイドしている感じになるように、と準備をしていただきました。

テキストをしっかり暗記されている方も、ユーモアあふれるアドリブなど入れて応対される方も、皆さんが個性あふれるガイドぶりに講師陣も楽しませていただきました。

今日のネイティブ講師は昨年も担当していただいたCharley先生でした。
去年受講された生徒さんには顔なじみの先生だったので、さらにリラックスしたよい雰囲気の中でのレッスンとなりました。

前半のガイド発表が盛り上がりすぎたため、後半のディスカッション時間が短くなってしまいました。ここは講師一同タイムマネジメントしっかりやらなくては!と反省をしております。

レッスンの最後に10/7-8と半田市で5年に1度盛大に行われる「半田山車まつり」でのボランティアガイド募集中の案内をさせていただきました。
ちょうどレッスンで学んだことを実戦で使えるよいチャンスなので、多くの生徒さんがチャレンジしてくれることを期待しています。